• ページトップへ
  • ページボトムへ
  • 売るために"こだわる"

    ファッション・流通業界に強い私たちだからできること

    どんな時代にも、ヒット商品と呼ばれるものがあります。
    戦後最悪の不況と言われる今でさえ、売れている商品はあるのです。
    どうしたら、ものが売れるのか。
    時代の風潮、商品自体の魅力、プロモーションの力・・・
    様々な要因に基づいて、ヒット商品は生まれます。
    商品の持つ魅力を最大限に伝えるため、私たちが"こだわる"のは、売るためのアプローチ方法です。
    それはコミュニケーションポイントの優先順位を明確にすることであり、コンセプトをたてること。
    コンセプトに基づき、企画や編集、表現を創造すること。
    それらをハイクオリティなクリエイティブで伝達すること。
    商品を企画する段階からお客様が手に取るまでの
    マーケティング全般をワンストップで、「こだわり」のサービスでもって、お手伝い致します。

    1.企画・編集に"こだわる"

    コンセプトからきちんと練る。それには理由があるのです

    私たちが考える企画とは、伝える情報を明確にし、
    その伝達方法をあらゆる角度からアプローチしてみること。
    ただ与えられた商品を見て考えるのではなく、例えば、MD(商品化計画)まで踏み込んで考えてみる。
    どんな商品ならより良い企画になるのか、この企画にはこんな商品が欲しいとか、
    コミュニケーションの可能性を追求します。
    編集の面では、人気モデルを起用したコーディネート提案や、流行の素材や柄を集めた特集など。
    同じ商品でも、アプローチの仕方ひとつで
    見え方や良さが変わってくる編集の大切さを、私たちは知っています。
    何よりも、それが「売れる」に繋がってくるのです。

  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3
  • 創刊20周年を記念して限定商品を販売する企画。人気モデルを並べて豪華さを表現し、次頁の商品のみのページで商品を大きく配置し商品の詳細を伝えました。
  • テイスト別に商品を分けてセレクトした企画。時期に合ったトレンドをテイスト別に載せることで、お客様にわかりやすく流行を伝える事が出来ます。
  • ファッション小物をトータルコーディネートする企画。スタイリストやメイクからのひとことアドバイスやポイントも添え、小物の効果的な使い方を指南しました。
  • 2.プロデュースに"こだわる"

    モデルのキャスティングや制作進行にも自信があります

    ハイクオリティなビジュアルを目指すなら、
    トップクラスのクリエイティブネットワークとオペレーションは不可欠です。
    スピーディな対応と緻密なロケーションハンティング、スムーズな現場オペレーションは、
    常にクライアント様からご好評をいただいております。
    ハイレベルな作品には欠かせないカメラマン、ヘアメイク、スタイリストなどのスタッフたち、
    海外でも対応できるロケコーディネーション・・・
    著名タレントからモデルまでキャスティングできる当社ならではのネットワークは、
    クライアント様からの高い要望にも応えられるパフォーマンスを導きだします。

  • イメージ4
  • イメージ5
  • イメージ6
  • 現地コーディネーターなど何かと手配が大変な海外ロケも、当社なら実現可能。特別なコネクションのある、当社ならではの強みの一つです。
  • 時間が限定される著名タレントの撮影も、スムーズにかつ迅速にすすめます。CMや、ムービーにまで対応できる当社クルーだからこそ撮影現場もスピーディーです。
  • 秋らしい雰囲気をリアルなセットで演出し、商品の世界観を拡げます。
  • 3.表現に"こだわる"

    商品をより魅力的に見るための、クオリティ重視のディレクション

    例えば通販カタログなら、何をきっかけにお客様が商品をほしいと思うのか…
    それは誌面の大半を占める「写真」の魅力からではないでしょうか。
    ただ綺麗な写真を撮るということではなく、商品の特長をとらえ、思わず目が止まるクオリティの高い写真を撮る。
    色、素材感、シーン、スタイリング、全てがバランス良く融合することにより、商品をさらに惹きたてます。
    魅力ある作品に仕上げることで、お客様の好感度はどんどんと変わっていくのです。

  • イメージ7
  • イメージ8
  • イメージ9
  • 秋のノスタルジック感を表現できるロケーションで撮影。レイアウトを計算したモデルの配置は、ラフデザインとロケハンがしっかりしているからこそ出来ることです。
  • ライティングにこだわり、トーンを抑えてクールな印象に。服のイメージに合わせた世界観で、よりリアルに、商品のディテールを伝えます。
  • 最新のトレンドを紹介する扉ページ。物角版のみで表現しモデルに頼ることなく、お客さまに最新の流行を視覚的に伝えます。
  • 4.コピーに"こだわる"

    響くコピーで心を動かす。「コレ欲しい!」を生み出します

    商品の最大の特長は何なのか? 写真があっても、それをうまく伝えられない事があります。
    それは素材であったり、価格であったり、着心地であったり、様々です。
    商品が、お客様にとってどんな価値のものなのか。また、どんな喜びを与えられるのか。
    コピーは、そんなベネフィットを補元するだけでなく、そのイメージや価値を増幅することができます。
    それだけでもお客様の心をとらえる事ができると、私たちは考えます。

  • イメージ10
  • イメージ11
  • イメージ12
  • ブランドランジェリーの紹介ページ。物をメインに配置し、機能を訴求するコピーを効果的に配置。
  • 機能訴求のコピーとレイアウトを連動させることで、より強くお客さまに商品の特徴を伝えます。
  • 人気モデルそれぞれがお気に入りを薦めるコピーを口語的に表現し、親近感を感じさせるとともに購買促進を図ります。